ニキビについて知る

青春のシンボル、若さの象徴などともてはやされることもありますが、当の本人にとっては悩みの種であることは間違いないでしょう。誰でもポツポツと出たことがあるのではないでしょうか。それがニキビです。ほんの少しだけですぐに治ってしまう人と、いつまでも治るどころかひどくなってしまう人など、症状は人によりそれぞれです。

そんなニキビとはどのようなものなのか、少し調べてみましょう。ニキビとは、毛穴が詰まり、そこに皮脂や角質がたまっている状態です。皮脂が多く分泌される場所にできやすいため、顔の一番目立つような油っぽい場所にできてしまうのです。背中や胸にも、顔と同じく皮脂腺がたくさんありますので、ひどい場合ですと顔だけでなく、背中にも胸にもできてしまいます。ニキビは成長期の思春期の頃に発症しますが、最近では20代や30代でニキビに悩まされる人も増えています。過度のストレスや生活習慣などが原因といわれています。男女比をみてみますと、発症率は男性のほうが高くなっています。

これは男性ホルモンが皮脂腺を刺激するからです。しかし、ここに面白い統計が出ています。皮膚科を訪れる通院患者数は、女性のほうが多いという結果になっているのです。やはり女性のほうが外見を気にしているということでしょうか。ところで、ニキビの正式な病名ですが、尋常性ざ瘡といいます。これは保険診療が受けられますし、患者の希望によっては保険診療外の治療も行ってくれます。

Copyright © 2014 ニキビの予防と治療法 All Rights Reserved.